IL BISONTE ができるまで *神戸店*

こんにちはおはな
いつもBLOGをご覧いただきありがとうございます星
今週は神戸店が担当させて頂きます猫

さて、これまで商品のことを色々とご紹介させて頂いたのですが
そもそも、デザイナーは誰なの?
どうやってできたブランドなの?
イルビゾンテってどういう意味?
などなど…
今回はブランドのバックボーンについてのご紹介です。

まずは、何よりも当ブランドの顔であるのはこの方!!

アートデザイナーアート

ワニー・ディ・フィリッポ

2017年で72歳を迎えるそうですが、
いつもオシャレでチャーミングな印象です王冠2
(いつか、お会いしてみたいなぁぴかぴか)
彼のトレードマークは、個性的なファッションと、葉巻なんですかわいい

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

クリップイルビゾンテが出来上がるまで虫眼鏡

彼は元々自動車部品の営業の仕事をしており、

その兼ね合いもあり、旅がとても多かったそう。

その為、旅先のホテルで過ごす夜の時間潰しに始めたのが、

絵や革・木などでのモノづくりレンチ

そんな仕事を終えた週末には、サルデニア島で

さながらヒッピーのような生活をしながら、旅先のホテルで作ったものを

ビーチで出会った人々にプレゼントしたりといった生活をされていたんですぴかぴか

当時そんな姿を見ていた革工場を持っていた奥様の義兄から、

商品を作ってみたら?とアドバイスされたのがきっかけなんですぴかぴか

そこで彼は自身で1970年に工房兼ショップをオープンさせましたおうち
これが、イルビゾンテの始まりですぴかぴか
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

クリップイルビゾンテってどういう意味?虫眼鏡
 

イルビゾンテ=イタリア語でバイソンという意味見る
ここでみなさん、使用している革は食用牛なのに、

なぜ、バイソン?と思われますよね?
わたしもそのうちのひとりでしたびっくり汗
バイソンはアメリカンインディアンにとって
人民の象徴 つまりは 強さと力のシンボルぴかぴか
これが彼にとってはとても魅力的であり、

自身のブランドもそうでありたい!!との思いから、

イルビゾンテと名付けたそうです楽しい
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

クリップ商品へのこだわり虫眼鏡

彼にとって、商品は実用性第一主義カバン
でもそれだけじゃあ面白くないですよね?
週末にヒッピーのような生活をしていたからこそ

旅先でのモノづくりがあったからこそ
当時のカバン職人には考えもつかなかった

木やプラスチック、鉄などの革プラス異素材ミックス

といった発想が生まれたんだそうです眼鏡ぴかぴか
また、彼は商品ひとつひとつが自分の人生を共にするモノよつばのクローバー

というイメージも大切にしています猫ぴかぴか
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんな彼の創作意欲と愛情に溢れた革製品たちラブ

今までより、もっともっと魅力的に感じませんか?楽しい

…と、本日はここまでです。
次回の更新は西宮店からですので
楽しみにお待ちくださいませリボン

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございますおはな

神戸店 幡司
 

calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

archives

others

mobile

qrcode