革製品って本当は・・ *西宮店*

いつもBLOGをご覧頂き、ありがとうございますサキ

今週は西宮店が担当させて頂きます星

 

前回はイルビゾンテのデザイナーについてお話をさせて頂きましたが

今回は"革"そのものについて

少しお話させていただこうかと思いますおじぎ

 

みなさん"本革"と聞くと「ちょっとかわいそう・・・」と思ったりされる方も

中にはいらっしゃるかもしれません。

でも。実は「かわいそう」なものではないんですにこりキラキラ

 

 

今回は【イルビゾンテの革】がどのように

生まれているのかをお話させて頂こうかと思います☆

 

牛牛☆牛牛☆牛牛☆牛牛☆牛牛☆牛牛☆牛牛☆牛牛☆

 

イルビゾンテのオリジナルレザー・タンニンは全て

副産物によって作られています。

 

副産物とは・・・ある製品を生産する過程で得られる、他の産物のことです。

 

イルビゾンテのレザーは肉食の副産物なので

革を作る為に牛が殺されているということは決してありませんエクステンション

イタリアではティーンボーンステーキ肉がよく食べられているので、

その時に出る食肉用の皮を再利用しているということなんですキラキラ

 

タンニンも同じく副産物を使っています。

栗・ケブラチョ・ミモザ等が家具などの木材へと加工される際に採取されています木

このタンニンのことを「ベジタブルタンニン」といいます。

 

また、皮を腐らないようにするなめし加工。

この際に使用される水水も家庭排水などを浄化したものが使われていますキラキラ

 

このようにベジタブルタンニンレザーは、自然の素材によるなめし方法であるため

革が廃棄されても土の中で微生物などによって自然に分解されます。

また、その製造工程中にも環境を汚染するような有害廃棄物をほとんど出しませんキラキラ

 

 

つまり・・・

イルビゾンテの行っている製法は皮を有効利用し、

かつ自然に優しいという事を前提としているということなんです拍手キラキラ

 

-----------------------------------------------------------------------

これで、イルビゾンテの革が「かわいそう」なモノではないことがわかって頂けたかと思いますうしキラキラ

 

むしろ、牛の全てを余すところなく製品にすることで、みなさんに使ってもらい、

その使っているみなさんがふとした時にちょっとテンションが上がる(笑)・・・そんな副産物なのです鞄キラキラ

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました星

次回は難波店が担当してくれますサキ

お楽しみに♪・・

 

西宮店にこり濱上

 

 

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

latest entries

categories

archives

others

mobile

qrcode